島桑指物

―江戸の粋ー

島桑(しまぐわ) 伊豆七島の三宅島、御蔵島に自生する桑材を「島桑」といいます。幽玄な杢目、色艶が粋を尊ぶ江戸人に好まれ、「江戸指物」の最高峰として珍重されました。また、島桑の指物家具を製作する職人は「桑物師」と呼ばれ、畏敬されてきました。材料の枯渇と共に制作者、種類も少なくなりましたが、吉蔵では、「箪笥、茶箪笥、鏡台、飾り棚、針箱」などを製作しております。

shima_01.png
shima003.jpg

吉蔵の島桑商品