創作李朝家具

―はるか李朝の香り―

李朝風雅

李朝白磁・高麗青磁とともにアジアの貴重な文化遺産である李朝家具。素材を生かした端正で豊かな意匠、おおらかで調和のとれたフォルム、使い手と作り手の融合から生まれた用の美を特徴とし、多くの趣味人に愛されています。

吉蔵は李朝家具の意匠を今日の機能をもった家具にリデザインし、指物職人が製作。現代の暮らしの中のアクセント家具としてご利用頂いております。

richou.png

舎廊房(サランバン)

風雅を愛する人々が集う李朝時代の貴族の書斎・舎廊房(サランバン)の家具・調度は、品格と質実の美が尊ばれました。その舎廊房の格調高い家具スタイルを基に創作した、書院風李朝家具「サランバン」。

書院、サロン、また東洋の平床(カウチ)スタイルなど、穏やかな時間空間をしつらえる家具シリーズです。

サランバンイメージ.png