破損した硯箱が新しいデザインで蘇る

大分前になりますが、小ぶりな黒檀材の硯箱と さらに小さな鉄刀木材の印鑑入れを持って、 若い男性のお客様が弊社を訪れました。 「この蓋が割れた硯箱を修理して、出来たらこうしてほしい。」

↓↓


結構難しいご要望で、出来るかどうか不明だが、 職人さんと相談してみる、ということでお預かりしました。 そして、出来上がったのがコレ。



硯箱の蓋が両側から引っ張られて、裂け目が出来ており、

その裂け目をカットして、島桑材を継ぎ足しはめ込みました。


本物ほど複雑ではありませんが、すっきりと、

まさに、「竹内碧外」風硯箱が出来上がりました。


もちろん他の部分も補修し、塗装もあたらにして、

新しいデザインの硯箱に生まれ変わりました。


私個人的には小さな鉄刀木の印鑑入れがなんとも素敵で、

こちらも補修させて頂きました。


お渡しして、お客様も予想以上だったと喜んで下さいました。


修理だけでなく、さらに新しい感覚の製品に。

手仕事の職人さんの腕の見せ所。

「吉蔵」にとっても楽しい仕事をさせて頂きました。

最新記事

すべて表示