家具を大切に!修理して使おう

3月11日の東北太平洋沖大地震のあと、東北や関東方面で、転倒した家具の事が気になっていました。

一週間ぐらいして、「吉蔵」製作の厨子が転倒して傷になった話が二件ありました。

一件は、傷はないのですが、灰が被って汚れてしまっている。

もう一件は、左下の部分が凹んでしまっている。

何れも軽傷なのですが、送っていただき直すことになりました。


こういうケースこれからもっと増えていくでしょう。

被災地で瓦礫の中から、大切な物を捜している方や、

転倒し、破損した物を片付けている方が多くいらっしゃると思います。


それほど大きな家具でなければ、修理してお使いになることを勧めます。

新しい生活になったとき、小さくても家具があれば重宝します。

がら〜んとした部屋の中に、家具があってこそ、毎日の暮らしに潤いが生まれる。


「吉蔵」でも、以前からお客様の大切な家具の修理をさせていただいております。

主に古くなった和家具なのですが、手仕事で丁寧につくられた家具が多い。

老練で仕事のわかる職人が、丁寧に修理して新しくよみがえり、お客様に喜ばれています。


現在も、お客様からお母様の使用した「島桑の座鏡」の修理をさせていただいています。


修理について

①まず、お電話下さい。 ②お近くの方でしたら、お伺いするか、家具をお持ちいただくか。 遠方の方でしたら、家具全体と破損の箇所の写真をお送り下さい。 ③お客様がどの程度の修理を希望しているのか、お知らせ下さい。

その上で、大まかなお見積をさせていただきます。


簡単な傷でしたら、ホームセンターへ行って修理の道具を買って直された方が早いです。ホームセンターには、実に簡単で便利な、修理用品が揃っています。


「桐箪笥」の削り直しのように、再塗装、金具交換など新品のようになさりたい場合は、

やはり、私たち家具屋、または専門の職人さんに直してもらうのがいいと思います。

万単位の費用がかかりますが、お気に入りの家具でしたら絶対おすすめです。


共に暮らしてきた家具には、その人の思い出と文化があります。

どうぞ、家具を大切に、修理して使いましょう。

最新記事

すべて表示

​サイトマップ

〒420-0016 静岡県静岡市葵区住吉町2-31

株式会社 吉蔵

TEL    054-252-5243

  • Facebook

Copyright (C) 株式会社吉蔵 All Rights Reserved.

logo_wh.png