家具おもしろ話(吉蔵オーナーコラム)

2016.07.15

グッドデザイン(Gマーク)はお金がかかる。

ZUSHIカシコは我が工房の代表家具のひとつで、新鮮なデザインが特徴です。

静岡県のコンペで入選し、その勢いで日本のデザインの最高権威
2007年度Good Design賞(Gマーク取得)に挑戦しました。
     
 
第一次審査は書類によるノミネート商品の審査。 審査料は10,500円
それにパスしたので、次は現物による二次審査。
一次審査を通過した製品約3000点が東京ビッグサイトに展示され、
専門家によって入念に審査されます。
 
審査後は一般公開があるので、多くのデザイン愛好家が訪れ,その数は約5万人。
第二次審査料42,000円、展示スペース料18,900円、展示装飾料42,000円。
この審査を通過した商品がGood Design賞受賞(Gマーク製品)になります。
 
   
幸運にも、我がZUSHIカシコは二次審査も通過し、晴れてGマーク製品になりました。
がしかし、それで終わりではありません。
Gマーク製品を世にアピールしなければなりません。
 
  
商品などに付けるGマークシールが1セット10,500円。
2007年度Good Design賞受賞製品イヤーブック(写真右)への掲載料13,650円
以上、合計すると締めて137,550円。
さらにGマークを会社のカタログやHPなどに使用、宣伝に使うには
使用料を1年ごとに150,000円請求されます。
 
飛行機からクリップなど身の回りの物まで、
デザインがいいことに越したことはありませんが、
あまりにお金が掛かり過ぎて、我が社のような小さい企業には少々負担が多すぎました。
   
Copyright (C) 株式会社吉蔵 All Rights Reserved.