厨子仏壇

-新しい祈りの家具-

元来大切な物を収納する両開扉をもった家具を意味します。現代では、仏像を納める事が多く、法隆寺の「玉虫の厨子」や正倉院の厨子が有名です。昨今、インテリア空間に溶け込む小さい仏壇(ミニ仏壇)、手元供養として見直されている小さな厨子。吉蔵は「各個人の偲ぶかたち」を大切にし、従来の仏壇の慣習に囚われない、新しい「祈りの家具」を開発しています。

image3.png

元来大切な物を収納する両開扉をもった家具を意味します。現代では、仏像を納める事が多く、法隆寺の「玉虫の厨子」や正倉院の厨子が有名です。昨今、インテリア空間に溶け込む小さい仏壇(ミニ仏壇)、手元供養として見直されている小さな厨子。吉蔵は「各個人の偲ぶかたち」を大切にし、従来の仏壇の慣習に囚われない、新しい「祈りの家具」を開発しています。

元来大切な物を収納する両開扉をもった家具を意味します。現代では、仏像を納める事が多く、法隆寺の「玉虫の厨子」や正倉院の厨子が有名です。昨今、インテリア空間に溶け込む小さい仏壇(ミニ仏壇)、手元供養として見直されている小さな厨子。吉蔵は「各個人の偲ぶかたち」を大切にし、従来の仏壇の慣習に囚われない、新しい「祈りの家具」を開発しています。

top01.png

吉蔵の厨子商品