家具おもしろ話(吉蔵オーナーブログ)

2016.06.15

KAGUメッセは何処へいく?

4年前(2012年)の今日(6/12)、facebookの中で、
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

kittsan流ブログ 2012年6月12日 「KAGUメッセは何処へいく?」

シズオカ家具のビックイベント、「シズオカKAGUメッセ」が終了しました。
前半の業者向け、後半の一般向け、
ご来場いただいた多くの皆さま、ありがとうございました。

業者向けの三日間。ゆるりと始まったメッセは来客数が分散したようです。
東京でインテリアライフスタイル展があったためか、それと掛け持ちの業者が多い。
午前中のいっときの混雑で、後は浪が引いたように静か。
静岡特有の「待ち」の展示会がここ何年も続いています。

それでも、「吉蔵」ブースで展開した「新しい祈りの家具とシーン」の試みは、
何人かの業者の方に関心を持っていただいたようです。
県知事賞を受賞した「厨子コンソール<ムゼウム>」には
大手の業者さんからオファーがありました。
「掌の厨子」はもう珍しいものではなく、インテリアショップが扱ってくれています。
東京のデザイナー集団からオリジナル厨子の依頼もありました。
仏壇に代わる、新しい「祈りのインテリア」の市場は確実に変わりつつあります。

一日空けて、後半の週末二日間は一般向けの公開日。
初日土曜日、雨の天気予報なので、お客様の入りを心配しましたが、
開けてビックリ、オープニングからお客様の入場が続々と続く。
午後になっても、夕方になっても、波はそれほど引いていかない。
2日目も同様の賑わいで、結果、昨年の倍以上の来場者があったそうです。

「吉蔵」ブースもてんてこまい、あちらの方に一言、こちらで一言、
「カタログはこれだけですか。」
「このアクセサリーをお願いします。」
「この厨子はお一人様用ですか?」
「○○宗なんですけれど、どれがいいんでしょう?」

妻と私は声を枯らして、家具の説明とカタログ配りに追われまくり。
300枚以上用意した資料は2日目半ばで消えてしまいました。
今さらながら、準備不足と説明不足を悔いるばかりでした。

ある出展メーカーの人が言っていました。
「業者の人は、自分が何を売りたいのか解っていない。
 それがなければ、世の中のトレンド情報を探しに来たって見つからない。」
「一般消費者のほうが反応が早い。欲しいと思うものには徹底的に食いついてくる。」

何時までも変わらない、売りたい買いたい物のない、業者対応の「シズオカKAGUメッセ」
一般消費者が、インテリアの何かに期待しながら大挙押し寄せた「シズオカKAGUメッセ」

この落差を、この分断を、私たち主催者はどう考えたらいいのか?
確実に、今年の展示会は、そのターニングポイント。
来年は? 再来年は? 続けるのか? やめるのか?

7000人以上の、インテリアに関心があり家具に関係している人達を取り囲み、
今日から明日への、賢い購買層に育て上げていく事が出来なければ、その意義はない。

半世紀以上続いている、伝統の「シズオカKAGUメッセ」はこれから何処へいくのだろう? 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

あれから四年。
今年の業者さんの波は凪(なぎ)状態で来場者10%以上の減。
一般家具愛好家の波は繰り返し繰り返し今年も打ち寄せました。

ただ、今思うことは、
他県の業者にとってメッセに「核」となる魅力的なものがないと
わざわざ交通費を払って静岡へは来ないということ。
一般ユーザーの方もより賢く、デザイン・機能・価格などの
要素をチェックし、買う買わないを決めるということ。

人をどうこう言うより、自分がどうしなければならないのか?
そういう問題をさらに突き付けられた今年のメッセでした。

サイト内検索

 吉造オーナーブログ

Copyright (C) 株式会社吉蔵 All Rights Reserved.